【最新刊】ケモノの城

ケモノの城

1冊

誉田哲也

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    17歳の少女が自ら警察に保護を求めてきた。その背景を探る刑事に鑑識から報告が入る。少女が生活していたマンションの浴室から、大量の血痕が見つかったのだった。やがて、同じ部屋で暮らしていた女も警察に保護される。2人は事情聴取に応じるが、その内容は食い違う。――圧倒的な描写力で描く事件は、小説でしか説明する術をもたない。単行本刊行時に大反響を呼んだ、著者の新しいステージを告げる問題作にして衝撃作がいよいよ文庫に!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/02
    連載誌/レーベル
    双葉文庫

    レビュー

    3.4
    66
    5
    11
    4
    23
    3
    22
    2
    7
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2020/01/20Posted by ブクログ

      【残酷すぎて目を背けたいのに、ページをめくる手が止まらない】という煽り文句その通りに、読み始めたら止まりませんでした。

      同時進行で語られる【幸せなカップルの彼氏目線】と、【猟奇的な犯罪を追う警察目線...

      続きを読む
    • 2020/01/11Posted by ブクログ

      姫川シリーズを超えるグロさ。
      吐き気がこみ上げてくる場面も多く、もはや人の所業ではない。
      微笑ましい同棲カップルと警察が追う事件。
      どうつながるのかが終盤まで読めなくて、中盤まで完全にミスリードされて...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      描写も嫌だ
      登場人物の性格も最悪
      常識も日常も感じられない狂気の世界ですね。
      それでものめり込んで読んでしまうんですが。。

    開く

    セーフモード