【最新刊】あるかしら書店

あるかしら書店

著:ヨシタケシンスケ

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【本にまつわる妄想アレコレ】 ある町のはずれにある、一軒の書店。 その書店は、知る人ぞ知る“なんでもある”書店。 その店のしぶい店主が、お客様の「ありますか?」の質問に、必ず「ありますよ」と、本を差し出してくれるという。 その書店で出会える、不思議な本や、あるかもしれない本にまつわるグッズや仕事、文化を通して、「本ってやっぱりいいよねェ」とつい言いたくなるような一冊。

    続きを読む
    ページ数
    106ページ
    提供開始日
    2017/06/07
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2018/01/02Posted by ブクログ

      読書会の課題図書。ヨシタケシンスケさんは、2013年に出た処女絵本「りんごかもしれない」を本屋さんで立ち読みして以降、ほとんど全作を見逃していません。
      この「あるかしら書店」は2017年6月発売。
      ...

      続きを読む
    • 2017/06/28Posted by ブクログ

      これは楽しい!ウンウンとうなずいたり、アハハと笑ったり、読み終わるのがもったいないけど、次々ページをめくってしまう。こんな本は久しぶり。

      「ヨチヨチ父」がとても良かったので、新刊のタイトルを見て迷わ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/06/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001749853","price":"1320"}]

    セーフモード