【最新刊】かがみの孤城

かがみの孤城

著:辻村深月

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。 輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。 そこにはちょうど“こころ”と似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。 すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/06/02
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/05/21Posted by ブクログ

      やっと読むことができました。

      「かがみの孤城」は、辻村深月初期のファンタジー要素がある学園群像ミステリーの流れを汲む作品で、後半になると怒涛の伏線回収がはじまります。実は本を読む前にインターネット上...

      続きを読む
    • 2020/01/31Posted by ブクログ

      リアルな現実とファンタジー、この線引き感があまりに絶妙だと思いました。

      不登校という言葉を聞くと、私には中学時代のことが思い出されます。クラスの中で一人1学期の途中から急に来なくなった彼がいました。...

      続きを読む
    • 2018/05/03Posted by ブクログ

      久々に読んだ辻村深月さんの作品。
      文庫待ちするつもりだったけど、我慢できずに購入…(。-∀-)

      この本最高です。
      最近読んだ本の中でも圧倒的。
      感動あり、友情あり、そして鮮やかな伏線回収+どんでん返...

      続きを読む
    開く

    セーフモード