浪人若さま 新見左近 江戸城の闇

佐々木裕一

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    将軍の甥で、甲府藩主の徳川家宣は、いっぷう変わった若さま。なんとこの男、しばしば藩邸を抜け出しては、浪人・新見左近として、江戸市井で気ままな暮らしを楽しんでいるのだ。もともとは、武家の格式ばった生活を嫌ってのことであったが、いまや現将軍・綱吉も、左近の二重生活をなかば公認。その代わり、江戸城の中にいてはうかがい知れぬ、町場の悪を直接退治するという世直しを、左近に任じていた。一種の協力関係にあった綱吉と左近だが、綱吉の権力が増すと同時に、目に見えぬ不気味な圧力が、左近のまわりを取り巻くようになった……。六代将軍・徳川家宣の若き日を描く、シリーズ第十弾!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード