【最新刊】里山奇談 あわいの歳時記

里山奇談

2冊

著者:coco 著者:日高トモキチ 著者:玉川数

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    桜祭りの帰り道に見た宙に浮く柔らかな光、川で投網を打っている人を襲った足元の砂の奇妙な動き、山道で「おおい、おおい」と呼びかけてくる声、憑物を籠めているという壺の秘密……不思議でどこか懐かしい短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/31
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 里山奇談 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      里山奇談 全 2 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    3.7
    18
    5
    3
    4
    7
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/10Posted by ブクログ

      春夏秋冬にわかれていた。
      好きなのをあげると「ヤマンボウサマ」「おしらさま」「がりがりがり」「釣り人談義」「みているもの」「おおいおおい」「タロ」「鳥の墓」「群れ」「おいぬ好かれ」「玉かんざし」「化鳥...

      続きを読む
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

      好きだった話。
      「夫婦玉虫」「先住者」「涸れない水」「峠の小さな店」「歩く人」「ちゃぼさん」でした。深く考えだしたら怖い話が好きだ。さりげなく獣や魂や死者や神様はそこら辺にいるかもとか、そんな風な。
      ...

      続きを読む
    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      文章が読みにくい。
      エピソードにも差がある。
      蛾になる奥さんの話は、
      蛾が嫌だからとにかく気持ち悪かった…

    開く

    セーフモード