【最新刊】雨のなかの日時計

雨のなかの日時計

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父親であることを知らなくても、父親は父親 ■再会がある。二つの再会だ。最初に男同士の再会があり、そこである疑問が浮かび そのことの確認も含め、2度目は男と女の再会がある。そこで明らかになったこと。それは子供の存在であり、そのことを自分が知らせてもらえなかったことであり、さらにジェンダーもからみ、ニューヨークと日本の差もあり、そして何より、彼女の生き方のことがある。ケンカや怒号や訴訟があってもおかしくない場面だろう。しかし片岡義男の小説でそれはありえない。代わりにそこにあるのは…… そう。雨のなかの日時計だ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/31
    出版社
    ボイジャー
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード