うつ病休職(新潮新書)

中嶋聡

792円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「仕事がきついので、会社を休みたい」とクリニックに駆け込む人々。マニュアル通りの問診で「うつ病」と診断する医師。診断基準の変化や新型薬の普及で、うつ病やそれを理由に休職する者が増大、こうした状況に企業も困惑し、社会問題化している。しかし、それは本当に“病気”と言えるのか? 医学ではなく労務上の問題ではないか? あやふやな診断が社会に与える影響は? 精神科医が「うつ病休職」の正体に迫る。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード