炎の大富豪と氷の乙女【氷の掟】

キャロル・マリネッリ 翻訳:山本翔子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたが黙って消えたあの日から、私の心は凍ったまま。 日々厳しい訓練を積む18歳のバレリーナ、アーニャの前に、初恋の人ローマンが現れた。燃えあがる情熱に身を任せ、純潔を捧げた彼女は、翌朝彼の姿がないことに気づいて絶望する。14年後、今やプリマとなったアーニャは、楽屋を訪ねて来たゴージャスな実業家の正体に気づいて固まった。ローマン! 今ごろ私に何の用があるの? だが、冷たい態度とは裏腹にアーニャの心は乱れていた。ローマンが纏う、かつてはなかった秘密の匂いに煽られて。 ■恵まれない幼少期を経て、自らの実力だけで巨万の富を築きあげた富豪たちが真の愛とめぐり逢うシリーズ、〈氷の掟〉最終話です。キャロル・マリネッリが描く珠玉のロマンスをお楽しみください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード