浮雲心霊奇譚 呪術師の宴

神永 学

759円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死者の魂を視る赤い瞳の憑きもの落とし浮雲は、絵師を目指す八十八とともに神楽坂の武家屋敷に招かれる。屋敷には山伏、巫女、傀儡師ら、幾人もの霊媒師が集められ、嫡男・浩太朗の除霊を依頼される。しかしその直後、一同の目の前で浩太朗が殺された。そして一人、また一人と死者が……。浮雲の赤い瞳がとらえた真実とは!? 近藤勇、土方歳三、沖田宗次郎も活躍! 幕末長編ミステリー!

    続きを読む
    • 浮雲心霊奇譚シリーズ 全 7 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      浮雲心霊奇譚シリーズ 全 7 冊

      6,270円(税込)
      62pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(35件)
    • 2021/05/18

      火車は恐ろしい妖怪だけど、もっと恐ろしいのはやっぱり人間だった。
      背後にちらつく影。
      やはり、今後も関わってくるのか。
      浮雲と歳三が京都に着くまでには、まだまだ事件が起こりそう。
      初登場の武士才谷がす...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/01/10

      神永学の心霊探偵八雲のルーツがこの作品にある。この作品は神永の初めの作品で、実費出版したらしい。
      浮雲は盲目の振りをした変わった男で、性格は八雲に似てるなあと思った。浮雲の中に出てくる人たちはとても面...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/03/08

      八十八、よかった!
      本当によかった。
      へっぽこすぎて、みんなをやきもきさせてくれたけどw
      浮雲の大きな決断。
      その出自は、薄々予感していたことだったけど、まさかの展開。
      この後、物語は第二章ということ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード