佐賀のがばいばあちゃん-がばい- 4巻

原作:島田洋七 脚色作画:石川サブロウ

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 165(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

第4巻 昭広の住む町へ大衆演劇の一座がやってきた。その一座の子供が昭広のクラスに転校してきた。生意気で負けん気の強い女の子・朝倉みずき。打ち解けようとしない彼女へ、先生から昭広と南里君は、仲良くするようにと頼まれる。渋々だった二人だったが…。公演を間近に迎えたある日、芝居小屋で火事を出してしまう。それまでいがみ合っていた南里君とみずきであったが、町中が公演を復活させるために協力する中、二人の仲は深まっていく。南里君の初恋の感動物語。

続きを読む
  • 佐賀のがばいばあちゃん-がばい- 全 11 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    佐賀のがばいばあちゃん-がばい- 全 11 冊

    3,630円(税込)
    36pt獲得

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2010/05/04

    これは原作にキチンとある話なのか。また原作にしてもホントにあったことなんだろうかと思ったりする。旅芝居の一座が来て、火事にあい、復旧したり家に泊めたりってことがホントにあったのかなぁと思う。

    しかし...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード