ピエロがいる街

横関大

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    兜市の秘書課に勤務する比南子は困っていた。「会いに行ける市長」宍戸は、時間が空いていればどんな来客でも応対する。財政難で議会の大荒れが予想される中、市民は市長に会いにくる。就職活動中の立花稜が駅前で悩んでいると、顔に白粉を塗り、口紅を塗ったピエロに話しかけられ、市民を助ける活動を手伝うことに。兜市が抱える難題に直面する市長とピエロ。ピエロの正体が判明したとき、物語は鮮やかに反転する!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    23
    5
    5
    4
    8
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/04/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/02/09Posted by ブクログ

      地元の同級生の横関さんの作品。

      複数人の視点で話がちょっとずつ進んでいくのですが、そのうちの一人は市役所に勤めている設定で、確か横関くんも職業作家になる前は市役所勤務だったと聞いているのでそれが活か...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      「願い事をひとつ、言ってみて下さい」突然、現れるピエロ。ピエロを通して繋がり合う人々。ひとつひとつ、思いを叶える姿に「この人がピエロだからか~」なんて思ってたら最後のどんでん返し!えーーー!て、物語の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード