鼻先案内犬 番外編 ハルさんとネコタマ

楠田文人

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    三月堂さんの母犬であるハルさんは、近所の猫たちに「ハル姉さん」と慕われていた。なにかというと「ハル姉さん」と相談に来るが、当の本人は「茹でささみ」以外、興味がない。茶色猫のヤスに頼まれて迷子猫に会うことになっても、ハルさんはあまり気乗りしなかった。「ネコタマを盗られて困っている」と言われても、そんなのどうせ犬である自分にはよくわからない。しかし、ヤスに「どうしても」と頼まれちゃしょうがない。子猫のネコタマ探し、助けてやろうじゃないか。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード