【最新刊】鼻先案内犬番外編 「祈祷師 高山宜定 ---恨みの手紙---」

鼻先案内犬番外編 「祈祷師 高山宜定 ---恨みの手紙---」

1冊

楠田文人

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「鼻先案内犬11 小粒犬編」に出てきた祈祷師の高山宜定が、猫のぬいぐるみ「支素瑠祇 」、小野鹿乃子と共に原因不明の怪奇現象に挑む。今回の依頼は、「恨みの手紙が届いたので、なんとかしてほしい」というもの。二通目の手紙には、怪しい人形(ひとがた)が入っていた。支素瑠祇はこの人形をみて「怪しい気配がする」という。鬼に襲われて目が見えなくなった小野鹿乃子には頼れず、高山と支素瑠祇が現場に乗り込む。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/23
    連載誌/レーベル
    マイカ文庫
    出版社
    マイカ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード