月龍 吉祥王編 (下)

楠田文人

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    楠田文人の「月龍」シリーズ、第二弾の後編。嵐の中、船から海に投げ出された月龍が見知らぬ浜辺で目をさますと、そばにはアレクサンダアが立っていた。「浜に打ち上げられたのは、俺とお前だけだ。食い物を探しに行こう」。幸い、近くに人が住んでいる家があり、老婆が住んでいた。しばらく休ませてほしいと頼むと、藁葺小屋を使えと言う。二人は、そこで寝泊まりしながら船を作り、元の場所に帰ることにした。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード