開化鐵道探偵

著:山本巧次

1,527円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治12年晩夏。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都―大津間で鉄道を建設中だが、その逢坂山トンネルの工事現場で不審な事件が続発している。それを調査する探偵として雇いたい」という井上の依頼を伝え、面談の約束を取りつけるためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだったが、現場に到着早々、仮開業間もない最寄り駅から京都に向かった乗客が、転落死を遂げたという報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した運送業者ら鉄道反対派との対立が深まるばかり。そんな中、更に事件が……。日本の鉄道の未来のため、僕らは謎を解かねばならない! 『八丁堀のおゆう』で注目の著者が贈る、本格鉄道ミステリ。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    10
    5
    0
    4
    4
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/29Posted by ブクログ

      明治初期の鉄道工事現場で起こる事件を描いたミステリ。ミステリとしては当然面白いけれど、鉄道ができるまでの歴史や、そこで働く人たちの物語が読ませます。鉄道には興味がないのだけれど、それでも引き込まれまし...

      続きを読む
    • 2019/02/23Posted by ブクログ

      文明開化の日本。
      鉄道工事現場で起こる事件の謎を解くのが、
      元奉行所の同心というから驚きましたが
      面白かったです。

    • 2018/12/23Posted by ブクログ

      12/21/2018 読了。

      図書館から。

      初著者作品。
      もうカートライトさんが印象強くて…、
      美味しいとこ持ってくんだもの。

    開く

    セーフモード