【最新刊】ほしがり探偵ユリオ (2) 晴れ時々、食品サンプル

ほしがり探偵ユリオ

2冊

著:青柳碧人

760円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ショッピングサイト《ほしがり堂》を経営する深町ユリオは、古い家電や顔ハメ看板など、ガラクタにしか見えないモノをほしがるマニアックなコレクター。しかしそれらに価値を見出して、お宝として売り捌く彼は、事件を解決する名探偵でもあった! カウボーイグッズを身につけた男が落馬めいた死を遂げた事件、判じ絵ネタをする芸人宅で発見された、被害者の傍にあった道具に隠されたメッセージ、食品サンプルコレクターの告別式で食品サンプルがばらまかれた謎など、全5編を収録。謎解きもお宝にまつわる雑学も楽しい、ポップな連作ミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/07/12

    レビュー

    3.2
    10
    5
    0
    4
    4
    3
    5
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      相変わらず欲しがってる。捨てられないユリオの対極ミニマリストが登場したがこちらも極端。憧れるけど無理だな。読んでもすぐ忘れる蘊蓄が盛りだくさんで、テンガロンハットがテンガロンハットじゃなかったことに驚...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      節操なく色々なものを欲しがり、集めたガラクタ的お宝を欲しい人に売っている本職はフリーライターで三十歳の百合夫と、仕事を辞め現在無職な二十四歳の妹のさくらが出会う五つの事件。ゾンビのストーカー死体や透明...

      続きを読む
    • 2018/09/22Posted by ブクログ

      ほしがり探偵の第1弾?
      どうやら2作目から読んだみたいだけど問題ない。
      なんでも欲しがりそなガラクタばかりを購入しているだが、行く先々で事件に遭遇。
      いわゆる名探偵タイプだな。
      幸い推理力があり、ま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード