【最新刊】武士の一念

御庭番の二代目

氷月葵

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    郡上一揆の評定により意次は一万石の大名に。領国の侍の叛意とは?今日と同じ明日とは限らぬ。藩主を失くした侍もいれば、突然、浪人となった侍も…。意次の領国相良への旅で、加門が見た武士の一念とは。奥美濃の郡上藩での百姓一揆は、公儀の評定所へと送られた。将軍家重は御用取次の田沼意次に評定の指揮をとらせるべく五千石を加増、一万石の大名とした。結果、郡上藩主金森兵部は改易、金森と縁を結んでいた若年寄の本多長門守忠央は罷免のうえ領地遠江の相良召し上げとなり、相良は意次に与えられた。相良への意次の旅に同行した御庭番宮地加門の見た『武士の一念』。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/01
    連載誌/レーベル
    二見時代小説文庫
    出版社
    二見書房
    ジャンル
    歴史・時代
    • 御庭番の二代目 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      御庭番の二代目 全 11 巻

      8,470円(税込)
      84pt獲得

    レビュー

    • 2018/10/03Posted by ブクログ

      連続殺人鬼から逃れ、唯一人、生還できたが、心身ともに大きな傷を負ったサーシャ。故郷を離れ10年。母の経営するホテルを継ぐため戻って来た。友人との再会もつかの間、不気味な出来事が起こる。そこへ訪ねてきた...

      続きを読む
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      うーん、暴力描写が結構過激。
      誘拐された時の内容はあまり詳しく書かれていないけど
      つらい思いをしてきたヒロインが、最後に幸せを掴んでもそこに至るまでの経験があまりにひどい。
      ヒーローが一途に思っていて...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/08/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002354337","price":"770"}]

    セーフモード