11歳の身の上相談 悩むわが子に元気と力を与える本

渡辺弥生

1,155円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    12歳でも13歳でもありません。11歳こそ、思春期の入り口であり、子供が大きな困難に直面するときです。大人への階段を登り始めたわが子の心を、親はどのように伸ばしてあげればよいのでしょうか。習い事をやめたい、携帯電話が欲しい、親のサイフからお金をとった――あなたは、こんな子供の言葉・行動にどう対応しますか? そんな悩みに分かりやすくお答えする一冊です。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/12/27Posted by ブクログ

      子供をサポートするためのカウンセリング的手法について具体的に書いてあってよいと思いました。自分の子供の頃を持ちだしてアドバイスできないような時代的変化もあたりして、親としても迷うことが多いですね。図書...

      続きを読む

    セーフモード