【最新刊】キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 7

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

7冊

著者:細音啓 イラスト:猫鍋蒼

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    帝国の襲撃により火の海と化したネビュリス王宮。使徒聖と純血種による激しい戦闘が続く中起きた最悪の事件が、イスカとアリスの運命を狂わせる――「わたしは帝国を滅ぼさなきゃいけない。それが、キミであっても」

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/20
    連載誌/レーベル
    富士見ファンタジア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/18Posted by ブクログ

      この流れだと次はアリスが帝国に何らかの方法で来る形になるのか、それとも妹メインの話になるのか。まさか妹エンドとかいう鬼畜なモノはこの作者は書かないと思うけど、果たして。少なくとも1年前に始まった因縁は...

      続きを読む
    • 2018/05/26Posted by ブクログ

      どこへ行っても出会ってしまっていた二人が今度はどんなに出会おうとしても全然出会えない話。最後の最後にやっと出会えたと思ったらおてて握っただけで終わり。やべえ、甘酸っぺえ。さて、2巻の実質的な主人公はミ...

      続きを読む
    • 2017/12/08Posted by ブクログ

      この人の作品はいつもこんな感じなんだけど、1巻で世界観やテーマの素敵さに惚れ込むんだけど2巻以降の物語のつなぎ方がイマイチで失速してしまう印象。この巻はラストこそまあまあ盛り上がったものの、後は主人公...

      続きを読む
    開く

    セーフモード