世界基準の働き方 海外勤務を拒み続けた私が超巨大グローバル企業の幹部になれた理由

著:高岡浩三

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「ネスカフェ アンバサダー」「キットカット受験生応援キャンペーン」……世界も驚く右肩上がりの成長を続ける、ネスレ日本のトップが明かす「日本にいながら世界のエリートに勝ち続ける仕事術」。著者は日本の大学を出て、超巨大グローバル企業であるネスレの日本法人に入社し、以来34年間、ずっと日本を拠点に仕事をしてきた人物。海外留学、勤務経験はほぼゼロにも関わらず、「ネスカフェ アンバサダー」「キットカット受験生応援キャンペーン」などネスレのスイス本社も驚く斬新なビジネスモデルを提案・実行し、成功に結びつけ、現在では超巨大グローバル企業の幹部として、世界から高く評価されている。そんな著者は、こう断言している。「どんな国・会社・組織で働いていても、考え方や意識を変えれば、世界に通用する人材になることは可能である」。著者のキャリアだからこそ知り得た「世界基準の働き方」について、これからの日本を担う世代に向けて語り尽くす1冊。 【本章の項目】●グローバルに考え、ローカルに行動する ●日本人にとっての「当たり前」を疑う ●リーダーの条件は「勝ち続けること」 ●まず小さく実行してみる ●問題解決力より「問題発見力」 ●四六時中、顧客の問題を考える ●作業をしない ●一番難しいことから先にする ●相手が納得せざるを得ない事実を示す ●嫌いな上司からも150%の評価をもらう ●目標は常に3年先まで立てる ●尊敬できる人を見つけ、持論を持つ…… etc.

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/29Posted by ブクログ

      これ本人が書いてない(ライターが書いてる)だろ、と思った。繰り返しが多いし、やたら自慢してる風に思ったけど、外資食品メーカーの営業・マーケの人たちがどんな風に仕事してるのかが垣間見れたのと、書いている...

      続きを読む
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      店頭でみかけて面白そうだったのだけど、これを紙で買う気にはなれずそのまま。出たばかりのようなので、そのうちKindleが出るかもね。

    • 2018/04/29Posted by ブクログ

      【No.108】「日本の組織にはダイバーシティ(多様性)が欠けている。新しい発想や気づきを持ち込む土壌がない」「”人と違うことをする”という意識があれば、どんな状況でも勝ち方は見つかる」「いかに考える...

      続きを読む
    開く

    セーフモード