これだけで勝てる 石田流のコツ

著:大平武洋

1,355円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。石田流はこの1冊でOK本書は各戦法で勝つために必要な定跡や考え方を伝授する「これだけで勝てるシリーズ」の石田流編です。振り飛車の中でも最も攻撃力の高いのが石田流。玉の囲いは最小限にして、さばきが生命線となります。ただ、組み上がりまでの手順に変化が多いのでそこはしっかりと押さえておかなければなりません。本書第1章で解説されている石田流の3つのコツは以下の通り。(1)組み上がるまで油断しない(2)低い形で戦う(3)▲7七桂と▲7七角を使い分けるこれらのコツを念頭に置きながら具体的な指し方を第2章以降で学んでいきます。第2章「石田流に組むまで」で駒組みを覚えた後、対急戦、対左美濃、対居飛車穴熊と一通りの居飛車の形に応じた指し方を解説しています。振り飛車を指したくて、しかも攻めたい。という方にぴったりの戦法です。ぜひ本書で指し方のコツを身につけて、実戦で試してください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード