江戸・東京の事件現場を歩く 世界最大都市、350年間の重大な「出来事」と「歴史散歩」案内

著:黒田涼

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。江戸・東京の大事件を探訪徳川家康が江戸入府して以降、江戸・東京ではさまざまな事件・出来事が起きました。本書は、江戸入府<天正18年(1590)>から終戦<昭和20年(1945)年>に江戸・東京で起こった事件の現場を紹介し、また、さまざまな事件現場を巡るコースを提案します。●扱っている事件は以下のとおり。徳川家康、江戸城に入城キリシタン50人を札の辻で火刑に処す由井正雪が自害玉川上水開通 江戸の水不足を解消幡随院長兵衛、旗本奴に殺される伊達騒動 原田甲斐が伊達宗重を斬殺生類憐れみ始まる赤穂事件1江島生島事件天一坊獄門め組の鳶と力士が大乱闘永代橋崩落鼠小僧処刑される高野長英、6年の逃亡後ついに捕縛、死亡アメリカのペリー艦隊、浦賀に来航大老井伊直弼、桜田門外で暗殺江戸の薩摩藩邸焼き討ち江戸無血開城上野の彰義隊、わずか1日で壊滅銀座大火大久保利通暗殺竹橋事件足尾鉱毒事件日比谷焼打事件乃木将軍殉死桂内閣、総辞職原敬首相暗殺血盟団事件五・一五事件二・二六事件玉音盤巡り反乱 宮城事件

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/07/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/05/14Posted by ブクログ

      黒田涼 著「江戸・東京の事件現場を歩く」、2017.1発行です。江戸・東京は400年以上、政治・経済・文化の中心、世界で江戸より古いのは、ロンドン、パリ、ウィーン、リスボン、バグダッドぐらい。マドリー...

      続きを読む

    セーフモード