最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104

著:及川拓馬

1,355円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。揺るぎない終盤力を手に入れる本書は将棋の終盤における「詰み」「詰めろ」「必至」の手筋を紹介・解説したものです。序盤で作戦勝ちを果たし、中盤でいくら駒得しても、終盤の一手で勝敗がひっくり返るのが将棋です。将棋は逆転のゲーム。終盤が強ければ逆転勝ちが増えますし、弱ければ逆転負けが増えるのが道理です。本書では終盤の中でも特に重要な、玉を詰ます段階と、その直前の詰めろの段階、さらに相手を受けなしの形に追い込む必至のテクニックについて、解説しています。見開き2ページで一つの手筋が覚えられる内容になっており、全部で104の手筋を身につけることができます。戦法、戦型に関係なく、実戦で使える手筋を扱っているため、どんな方にも必ず役に立つはずです。本書で終盤力を鍛えて、逆転負けをなくし、逆転勝ちをどんどん増やしてください。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/23Posted by ブクログ

      著作者名:及川拓馬
      書籍:1,663円
      四六判:224ページ
      ISBN:978-4-8399-6220-3
      発売日:2017年04月28日
      シリーズ名:マイナビ将棋BOOKS

       本書は将棋の終盤にお...

      続きを読む

    セーフモード