オールトの雲

著:一穂ミチ イラスト:木下けい子

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    お姫様のような母親と一緒に太陽の前に現れた小さな王様――それが、流星だった。外国の血を引く繊細に整った容貌と、誇り高くまっすぐで、嘘やごまかしのない性格。そのせいで周囲から浮く彼をほうっておけず、いつだって側にいた。けれど、部活の合宿先で偶然会った流星は、太陽が知らない顔をしていて……。闇夜に迷う心を照らす、一等星の恋。 その後の二人を描いた書き下ろし「真夜中の虹」も収録。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    25
    5
    8
    4
    9
    3
    5
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      54:心の友からお勧めされたBL。普段BLものは一切読まないのだけど、少女マンガぽくて読みやすかったです(コテコテでもなく、変なシチュエーションがあるでもなく、リリカルな具合でした)。BLというカテゴ...

      続きを読む
    • 2017/02/16Posted by ブクログ

      幼なじみもの。天体観測が趣味、幼なじみ、と王道設定詰め込まれてるんだけど、奥歯の奥がきゅっと痛くなるような高校生の甘酸っぱくて切ないキラキラぶりがほんとにまぶしい。やっぱり、一穂ミチは学生もので切ない...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/09/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード