魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)

著者:午後12時の男 イラスト:不似合りこ∞

399円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    緋の時代の末期のこと。魔王が滅ぼされ、永きにわたる戦乱の世が終わりを告げて数か月。魔王を殺すためだけに改造の限りを尽くされながらも、その役目を果たせず英雄になり損ねた<勇者>クリムは、魔王を殺し英雄となった魔王の娘・ミリアンドールに呼び出され、一つの依頼を受けることになる。 「――クリム様。わたしに子種をいただけますでしょうか」「…………………はい?」 大真面目に告げられた、正気の沙汰とは思えぬその依頼。しかしその裏には、世界の命運を揺るがしかねない事実が隠されていた。魔王は実際には滅びておらず、復活の危機が迫っていること。そして――魔王の復活を阻止するためには、ミリアンドールの依頼を聞き入れるほかないということ。なり損ないの勇者、クリム。心優しき魔王の娘、ミリアンドール。これは、そんなふたりを中心として巻き起こった、ある英雄譚の最終章。いびつで淫らな、恋物語。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード