謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か

著:エドガー・H・シャイン 監訳:金井壽宏 訳:野津智子

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    コンサルティングの世界の常識を覆した「プロセス・コンサルテーション」、世界中の人々の職業観に多大な影響を与え続けている「キャリア・アンカー」に続く新コンセプト。組織心理学、組織開発の第一人者エドガー・シャイン最新刊!■自分ではなく、 相手が答えを見出す「問い方と聴き方」押しつけではない、本当に人の役に立つ「支援学」の極意(『人を助けるとはどういうことか』)と自分ばかり喋るのではなく、「謙虚に問いかける」コミュニケーションの技法(『問いかける技術』)をコンサルティングや支援の現場で活かす、という視点で書かれた実践的な本です。■なぜ、「謙虚なコンサルティング」が必要なのか?今日の組織は、解決に必要な知識や技術が自明でない問題に直面し、「答えを提供する」から、「答えを見出せるよう支援する」へとコンサルタントの役割も変化。クライアントが自ら真の問題に気づき、いま最もやるべきことを見出す「本当の支援」を実現するには、自分では答えを出せないことを自覚し、謙虚な姿勢を選び、謙虚に問いかけることが不可欠なのです。■25の事例から学ぶ、成功するコンサルティングと失敗するコンサルティングの違い大失敗に終わった著者のコンサル第1号案件、たった一言でCEOを開眼させた「最高の支援」ほか著者50年にわたるコンサルティング事例が満載。GE、P&Gなど実際の企業や組織の事例も多数。「事例(背景、当事者の発言)」と「学び(失敗のワケ、成功要因)」を通して、実践のコツがつかめます。「コンサルティングに関する書籍のなかで、シャインの著書ほど専門家の役に立つものを、私は読んだことがない。コンサルティング業界は今また、本書によって、ふたたび変化をもたらされるだろう。まさしく必読の書である」オットー・シャーマー 『U理論』(英治出版)著者、マサチューセッツ工科大学上級講師原題 Humble Consulting: How to Provide Real Help Faster

    続きを読む

    レビュー

    4
    15
    5
    7
    4
    4
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/24Posted by ブクログ

      物事が複雑化した現代において有効なコンサルティングのあり方がわかる。
      「人を助けるとはどういうことか」よりも具体的でわかりやすかった。
      どんな分析も解説策も、当事者との協働なくしては効果がないというの...

      続きを読む
    • 2019/04/16Posted by ブクログ

      謙虚なというと一般的なコンサルタントのイメージとは真逆。
      ではあるものの読み進めると確かに提言で終わるコンサルティングの場合はそれを実行するクライアント側が対応できずに実行されないで終わるケースもある...

      続きを読む
    • 2019/03/05Posted by ブクログ

      自分がやっている仕事と、世の中のコンサルティングのイメージにギャップがあり、コンサルとは何か?というもやもやした思いを持っていました。そんな中この本を読んで「そういうコンサルもあるんやな」と、ちょっと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード