稼げる農業 AIと人材がここまで変える

編:日経ビジネス

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    「これからは『農家』を育てるんじゃない『農業経営者』を育てるのだ」――小泉進次郎氏(自民党農林部会長)「いろいろな生産者の方と取り引きをしてきましたが、わかったのは、商品を選んでいるつもりだったけれど、実は人を選んでいたということです」――オイシックス社長 高島宏平氏担い手の高齢化や生産額の減少など、日本農業の弱体化が指摘されて久しい。これに対し、第二次安倍政権は「強い農業」を成長戦略の柱に位置づけ、様々な改革を行い、自民党の小泉進次郎・農林部会部会長が進める全国農業協同組合連合会(JA全農)の改革は大きな注目を集めた。一方、現場の生産者は着々と改革を進め、大きな成果を挙げている。カギとなるのは、人材の育成とIoTやロボット、AI(人工知能)などのテクノロジーだ。農業の担い手を「経営者」として育て、テクノロジーを駆使して生産性アップを実現し、「稼げる農業」を実現している。本書では、こうした農業生産法人や農業に参入した企業経営者らの話を通じて、日本農業が海外でも競争力を持つために必要なことは何かを明らかにする。本書は2017年1月開催のシンポジウム「農業イノベーション2017~日本の農業を成長産業にするために~」を再構成したものだが、ここに日本農業の現状を把握するのに不可欠の基礎データなど、豊富な図版を加えた。この1冊で日本農業の「今の姿」がわかりやすく概観でき、新規参入を考える経営者やビジネスパーソン必須のものとなっている。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/02/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/08/25Posted by ブクログ

      20170825 これからの農業経営に対する方向性について考える参考になる。農業も営利を追求する事が大事だと思うが農業には営利以外の貢献もあるというところでどの方向を目指すかが分岐点だと思った。一つの...

      続きを読む

    セーフモード