「極」怖い話 地鎮災

著:加藤一

701円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    一世一代の買い物―家。不動産の購入は多くの人にとって一生に一度あるかないかの一大イベントにして、最も高価な買い物だ。それにもかかわらず、試用期間も事前練習も許されず、少ない情報の中で決断せねばならない。住み始めてから何かあってももう遅く、再度売り払い、引っ越すのは並大抵なことではない。だが、この世には手を出してはいけない物件というのが確実に存在し、呼び寄せられるが如くそこに住んでしまった人たちがいる。俗に言う瑕疵物件だけでなく、遙か昔の歴史が絡む曰くつきの土地など様々なケースがあるが、そこでは信じ難き恐怖と不幸が実際に起きている。北海道の有名心霊スポット、円形マンションの真実に迫る驚愕の取材をはじめ、呪われた家と土地に纏わる実話を集めた渾身の書き下ろし怪談!

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/03/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/07/01Posted by ブクログ

      不動産関係の怪談を集めた1冊。不動産関連のディテールは詳しいが、それが怪談として効果的かといえばそうでもないような気もする・・・

    セーフモード