巨神計画 上

著:シルヴァン・ヌーヴェル 訳:佐田千織

1,018円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    アメリカの片田舎で少女ローズが発見した、イリジウム合金製の巨大な“手”と、謎の記号群が刻まれたパネル。それらは明らかに人類の遺物ではなかった。長じて物理学者となったローズの分析の結果、その手は6000年前に地球を訪れた何者かが残した、体高60メートル超の人型巨大ロボットの一部分であると判明。そして、謎の人物“インタビュアー”の指揮のもと、地球全土に散らばっているはずのすべてのパーツの回収・調査という、空前の極秘作戦がはじまった。原稿段階で刊行よりも早く即映画化が決定した、巨大ロボット・プロジェクトSF開幕!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    11
    5
    2
    4
    5
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/02Posted by ブクログ

      地中から見つかった謎の物体。それは大きな手だった。
      これを元に各パーツが見つけるプロジェクトが始まる。
      そしてプロジェクトが進む中で起こる悲劇。
      下巻の展開が気になる。

    • ネタバレ
      2018/10/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2018/09/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード