知性のテン覆 日本人がバカになってしまう構造

橋本治

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「反知性主義」と言われて久しいが、そもそも「知性」とは何なのか? 世界中が「まさか」と思う大統領が生まれ、イギリスはEUから離脱するなか、「知性」が失墜した淵源と時代の気分を解き明かしながら、新たな知性を立て直すための処方を示す希望の書。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    14
    5
    5
    4
    2
    3
    4
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/01/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      小説 TRIPPER誌、2015-2017連載。ひと昔の知性は自分のあり方を考える自己達成的なもので、孤立・特権化したものだった。現代の知性は、みんなのことを考えるべく要請し、相手をムカつかせないよう...

      続きを読む
    • 2018/09/22Posted by ブクログ

      随筆として読めば面白い話も多いけど、全体として論旨が追えなくて読むのに苦労する。
      多分同世代を対象にしているみたいで、世代が離れるとちょっとわからなくなる話が多かった気がする。

    開く

    セーフモード