ばんぱいやのパフェ屋さん 「マジックアワー」へようこそ

著:佐々木禎子 画:栄太

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    中学生になった少年・高萩音斗は、小学生時代から「ドミノ」と呼ばれてからかわれるほどすぐ倒れる貧血・虚弱体質に悩んでいた。 そんな彼を助けようと「隠れ里」からやってきたのは、すこぶる変わった遠縁の親戚たち。 彼らは札幌の商店街で、深夜営業のパフェバーを営み始めて・・・。 北の都を舞台に、個性的な3人のイケメンたちと、音斗をめぐる物語。 おかしくてちょっぴりほろっとするハートフルストーリー!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    9
    5
    2
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/13Posted by ブクログ

      面白かった!前から気になってた作品ですが、クスっと笑えて可愛くてちょっとだけミステリもあって☆これ、中学生時代に読んだらもっとハマったかも!脇キャラの太郎坊、次郎坊も牛のお母さんも良かったし。続編も読...

      続きを読む
    • 2019/04/27Posted by ブクログ

      娘のお勧めで読んだ。吸血鬼体質(だけど血は吸わない)のため、夜にだけ開くパフェバーが舞台。設定も面白いが登場人物たちの性格が極端で、会話が面白い。

    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      すぐ倒れてしまう為小学生の頃からドミノと呼ばれる中一の音斗の貧血、虚弱体質は、吸血鬼の末裔である所為だった。血ではなく牛乳を飲む兄のような親戚の三人との日々にほのぼのする。同級生への恋や、旧式の中二病...

      続きを読む
    開く

    セーフモード