フローリスト 2022年12月号

フローリスト 2022年12月号

フローリスト編集部

1,100円(税込)
クーポン利用で600円獲得へ

花のデザインとビジネス情報満載! ●今号の特集は「今年のクリスマスはリース&スワッグ」。●キリスト教以前のケルト文化では樹木信仰から、冬至になると魔除けや太陽の生命力を呼び込むために、常緑樹の枝をドアに吊るしていたとか。●その習慣が徐々に広まり、スワッグとなってリースと並ぶクリスマスの定番アイテムとなっています。●日本でも定着しつつあるスワッグを、今年はリースとともに紹介します。●スタイリッシュなスワッグが人気の古賀朝子さんには、作り方と素材選びのポイントを解説していただきました。●※デジタル版の特別付録のカレンダーは取り外しできません。●moment/渡辺礼人●目次●自由な花屋リトルの事始め 壱岐ゆかり/ファイブシーズンの森●たくさんの素敵が詰まった大人のショップ DENDA FLOWERS & PLANTS●[第1特集]今年のクリスマスはリース&スワッグ●人気花店のリース&スワッグ●素材を変えれば変幻自在 ホリデーシーズンに飾るスワッグ Fleurs de chocolat | 古賀朝子●[第2特集]ドイツフロリストマイスターに教わる 四季を彩るドアリース ハシグチアレンジメンツ | 橋口 学●プリザーブド・プラス 大地農園/クリスマスツリー a la carte プリザーブド・グリーンと白素材●「エクセレント・トゥエルヴ」の時代 50年前、日本のフラワーショーの原型を作った人たちがいた●脳内緑花 宇田陽子/花火●ボタニカル・メタモルフォーシス 植物の解体と再構築 丹羽英之/ニシキギと実もので見せる造形●季節の枝物 永塚慎一/12月の枝物:グニユーカリ 1月の枝物:サンゴミズキ●バラの解体図譜/ミエルテ●[新連載]花の定番資材・新素材に注目/DGボトル デザイングラス●Q人Q募●FLORIST PICK UP!/BOOK、CINEMA、ART●2023年カレンダー読者プレゼント●次号予告●旬花探訪 高倉なを/野バラ&ツルウメモドキ JA常陸 奥久慈枝物部会●花屋社長の現実と挑戦 西田太郎/社長の仕事は「手放す」「任せる」「見守る」こと●フローリスト花散歩 花福こざる/バラの実●ハナノコエ 珠寳/方便究竟●[特別付録]2023年フラワーカレンダー

ジャンル
趣味・実用誌
出版社
誠文堂新光社
提供開始日
2022/11/08
ページ数
150ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】600円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く