浪人奉行 二ノ巻

稲葉稔

517円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    哀しい過去を断ち切るべく、封印していた剣を再び握った八雲兼四郎。表の顔は干物とめし、酒しか出さぬ店「いろは屋」若大将、裏の顔は許せぬ外道を冥土に送る浪人奉行として生きる兼四郎に新たな密命が下る。高価な反物を積んだ舟が江戸の手前で次々と消え、荷だけが市中で闇商いされているというのだ。悪の匂いを嗅ぎつけた兼四郎は盟友、橘官兵衛らと行徳に乗り込むも、待ち受けていたのは最凶の賊徒だった。大反響の傑作剣戟シリーズ、堂々の第二弾!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード