博物館の歴史・理論・実践3

今村信隆 編

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

    博物館学の基本を体系立てて解説、初学者でも一から博物館について学べる本。本書は第3巻。「第六章 博物館展示論――資料との出会いをデザインする」「第七章 博物館教育論――展示室を超えて」「第八章 博物館生涯学習概論―人に寄り添う博物館」で構成される。ものとの出会いの場となる展示の概念や技術、今後の課題や展望を学び、博物館に求められる教育的な役割を様々な事例により考察、最終章では生涯学習という概念について、またその「場」としての博物館の姿を浮き彫りにする。第1巻に「第一章 博物館概論」「第二章 博物館資料論」、第2巻に「第三章 博物館経営論」「第四章 博物館情報・メディア論」「第五章 博物館資料保存論」を収録。本書はたんなる知識の説明だけではなく、博物館とは何か、博物館はどこに向かうべきなのかという大きな問いについて考える一助になるだろう。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード