博物館の歴史・理論・実践2

今村信隆 編

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    博物館学の基本を体系立てて解説、初学者でも一から博物館について学べる本。本書は第2巻。「第三章 博物館経営論――使命、運営、評価」「第四章 博物館情報・メディア論――博物館の開き方」「第五章 博物館資料保存論――なぜ守るか、どう守るか」で構成される。博物館の経営・運営をめぐる論考から、博物館というメディアの現代的な課題を探り、さらに博物館の資料保存における理念と具体的な方法を学ぶ。また、第1巻『博物館の歴史・理論・実践1――博物館という問い』では、「第一章 博物館概論――博物館とは何か」「第二章 博物館資料論――モノから資料へ」を収録。本書(第三巻まで予定)は、たんなる知識の説明だけではなく、博物館とは何か、博物館はどこに向かうべきなのかという大きな問いについて考える一助になるだろう。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード