【最新刊】ミオよ わたしのミオ

ミオよ わたしのミオ

アストリッド・リンドグレーン作/大塚勇三訳

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ストックホルムの町で,もらわれっ子としてつらい日々を送っていた少年ボッセは,ある夜,父の王がまつという「はるかな国」へ迷い込みます.王子ミオとなった少年は,白馬ミラミとともに,ざんこくな騎士カトーと戦うため,不吉な魔法の城へむかいます….北欧民話の味をいかした,美しく感動的な空想物語.

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/18
    連載誌/レーベル
    岩波少年文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    • 2017/10/29Posted by ブクログ

      リンドグレーンの美しいファンタジー。
      幸せな国の隣にある死の国。それを支配する恐ろしい圧制者。昔から語り伝えられてきた救いの騎士と魔法の剣……と、よくあるアイテムが集まってはいるのだけど、それでもこん...

      続きを読む
    • 2007/10/01Posted by ブクログ

      みなしごの少年ボッセは、「はるかな国」に迷い込み、王子ミオとして、王様である父親の愛を一心に受け、ユムユムという親友を得、騎士カトーと戦うのだけれど。それはおそらくボッセの空想で。愛を求めても得られな...

      続きを読む
    • 2010/09/25Posted by ブクログ

      え〜と……そういうことだよねぇ??って思いながらアマゾンレビューを見たら、やっぱりそう読むのが大人の読み方か……と思って切なくなった。そういう読み方をしたら怖いお話です。
      物語というより詩……。そう、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001744028","price":"748"}]

    セーフモード