【最新刊】意識と本質-精神的東洋を索めて

意識と本質-精神的東洋を索めて

井筒俊彦著

1,177円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東洋哲学の諸伝統の分析から得た根元的思想パターンを己れの身にひきうけて主体化し,その基盤の上に新しい哲学を生み出さなければならない.本書はこうした問題意識を独自の「共時的構造化」の方法によって展開した壮大な哲学的営為であって,その出発点には自分の実存の「根」が東洋にあるという著者の痛切な自覚があった.

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/18
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(25件)
    • 意識と本質-精神...2014/09/14Posted by ブクログ

      圧巻。まさしくこの書物を読むことが、想像力の領域に蓄積されているものを呼びさましていく作業であって、イメージ言語そのものだと思った。神なき時代の信仰は他者としての「コトバ」によりて成立する。

      想像力...

      続きを読む
    • 意識と本質-精神...
      ネタバレ
      2018/01/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 意識と本質-精神...2013/09/12Posted by ブクログ

      東洋と一口に言っても幅広いのに、よくも日本、中国、イスラムと様々な知見を持って語ることができるものだと大変驚かされる。
      読み始めて思ったことは、そもそも今の時代において、物事の本質についてどこまで語る...

      続きを読む
    開く

    セーフモード