革命とパンダ 日本人はなぜ中国のステレオタイプをつくりだすのか

張予思

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    日中関係がこの上なく悪化している現在、「嫌中」の源流はどこにあったのか?1949年に誕生した新しい共産主義国家に、日本人が最初に出会ったのは、文化大革命だった。当時の全共闘は、その「革命」に一つの理想郷を見た。その後に訪れたのは、日中国交正常化がもたらした「パンダ」ブーム。自然、平和の象徴としてのイメージが日本人に刷り込まれた。しかし、革命の中国も、パンダの中国も、「虚像」にすぎない。今日に至るまで、なぜ日本人は中国をステレオタイプとしてしか見られないのか。開沼博氏、絶賛!巻末に吉見俊哉氏の解説付き。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード