怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎)

著:高原英理

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    いつだって、怪談はあなたのそばにある。『ゴシックハート』『不機嫌な姫とブルックナー団』の著者による、江戸時代から現代までの怪談・奇談集。怪談は、夜の学校や墓地だけのものじゃない。夕食時や散歩道、そういう何気ない瞬間、私たちが生活している空間すべてに潜んでいる――。見えない「何か」が近くにいる感覚。その土地に伝わる奇妙な伝承。様々な伝説が残る石。至る所にあらわれる火の玉。美少年好きの天狗。果てはろくろ首の種類別考察まで。古今東西あらゆるところで伝わる怪談を、高原英理ならではの視点でまとめあげた、怪談随筆の新定番。

    続きを読む

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      こわい話をめぐるエッセイ集、あるいは不定期に更新されるマニアックなブログの記事だと思って読むと面白い。連想ゲームのように、筆者の持つ智識が羅列されるため、読者は置いてけぼり感を覚えるが、その辺りは好み...

      続きを読む
    • 2018/05/25Posted by ブクログ

      無駄な句読点が多いうえ
      悪文でひどく読みづらかった。
      内容も、現代の話はつまらないし
      江戸の話とごっちゃだし
      読み終えるのが苦痛だった。
      いらない自分の感想を随所に挟み込み
      お前の意見はいらん…と思う...

      続きを読む

    セーフモード