【最新刊】シモネッタのどこまでいっても男と女

シモネッタのどこまでいっても男と女

1冊

田丸公美子

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「暑かったから、博徒の妻に」なって以来、“罵倒観音”と言われつつも、年齢を重ねた後の拠り所は、結局互いに耐え抜いた夫婦だけ。「どこまでいっても、あ~夫婦」。ついに、極秘にしていた夫のことをつまびらかに。加えて、子、嫁、父母、姑といった個性溢れる家族のこと、人生を悲喜こもごもに彩った忘れえぬイタリア男たちを語ったお蔵出しエッセイ。イタリア語会議通訳にして名エッセイストの著者による抱腹絶倒の人生劇場。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/11Posted by ブクログ

      名通訳は名エッセイストでもある、という確信をまた深めた本。
      破天荒で前向きでエネルギーに満ち溢れた田丸さんの、鋭く温かくユーモアに溢れた見方が本当に好き。
      ご両親や祖父母の思い出話は、歴史の記録という...

      続きを読む
    • 2017/04/20Posted by ブクログ

      夫や家族のことを赤裸々に綴った爆笑・お蔵出しエッセイ

      子が独立した後、拠りどころとなるのは結局、夫婦だけ。今まで秘してきた〝博徒の夫〟や家族のこと、イタリア男たちを語ったお蔵出しエッセイ。イタリア語...

      続きを読む

    セーフモード