母が認知症になってから考えたこと

山登敬之

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    認知症で、寝たきりになった母を前に自分に問う。「自分は、なぜ今の自分になったのか?」。人生の節目で誰もがふと感じるこんな疑問に、精神科医が自らの生育歴をもとに分け入る。母と息子の関係、介護をめぐる精神的葛藤、育った街、時代背景や当時の文化など、幅広いテーマに思いを巡らせつつ展開される、異色の心理エッセイ。母の病状の進行と逆行するように思い返される家族の記憶、かつての母の姿。問いの答えは?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード