死ぬときは苦しくない

永井友二郎

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    ミッドウェー、キスカ、トラック島で死線をくぐった元海軍軍医、88歳の現役医師が贈るやすらぎの死生観――「あるがままに受け入れれば、『死』は怖くない」。太平洋戦争で多くの死に立ち会った著者が気づいたこと、それは「人間の意識は、肉体がすべての機能を停止するより大分手前の早い時期に失われる」ということだった。自らの臨死体験、これまで出会ったさまざまな死を通して「臨死」を語る。(2006年7月初版)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード