聞書き 遊廓成駒屋

神崎宣武

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ある日、名古屋駅裏を歩いていた著者は、一軒の建物が取り壊されようとしている場に出くわす。それが中村遊廓の成駒屋だった。その場に残された家財道具を手掛かりに、著者は遊廓の実像を求めて、多くの人から聞取りを始める。大正から昭和の隆盛期、さらには売春防止法以後の関係者たちはどう生きていったのか。読書史上に残る名著文庫化。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード