中盤の構想力

監修:睦鎮碩 編著:李夏林 訳:洪敏和

1,629円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    囲碁に3楽ありと言います。対局の楽しみ、感想戦の楽しみ、他の人の打ち碁を観る楽しみです。特に一流棋士の棋譜鑑賞は、上達には欠かせないものです。本書は、戦闘の起こった中盤で、戦略をどのように立てているのかにスポットを当て、プロの感覚に触れられるようになっています。素材となった対局は、主に2014年から2015年の世界大会です。手順図を載せ、碁盤に並べながら研究できるように構成しています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード