有段者のための囲碁学

著:金萬樹 訳:洪敏和

1,425円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    序盤は、一局の枠組みを決める大事な分野です。実利型から模様型に途中から変えようとしても、それまでに打った石が無駄になってしまいます。アマチュアにはとかく序盤を軽視する傾向がありますが、それでは棋力が上がるにつれ、勝てなくなるときが必ずやってきます。本書は、序盤の常識といえる理論を解説し、プロとアマチュアの実戦を比較することで、悪い点がはっきりとわかるように構成しています。また各テーマごとに練習問題を収録しました。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード