ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

原作:ファラデー 文:平野累次/冒険企画局 絵:上地優歩

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ノーベル化学賞が決まった吉野彰さんが小学4年生のときに出会い、「化学への興味を持つ原点」となった運命の1冊。2016年にも、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典さんが子どものころに読み、科学者を志すきっかけになった本として注目されていたファラデーの『ロウソクの科学』を小学生向けにわかりやすくした角川つばさ文庫版!「燃えたロウソクは、どこへ消えたの?」「水と氷って、どっちが重いの?」「さかさまにしたコップの水が落ちないのは、どうして?」1本のロウソクを使ったたのしい実験で、身のまわりのふしぎを学ぼう! 科学者のファラデーが子どもたちに見せた24の実験をイラストと物語でやさしく教えるよ! 読めばだれでも理科がわかる・科学を好きになる! たのしくておもしろい、理科実験の入門書!【小学中級から ★★】

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/26Posted by ブクログ

      今月のつばさ・6

      今月のつばさ、でーす。
      “ロウソクの科学”入りました。読みやすいように作り替えてあるけど、なかなかのできですよ(^_^)
      司書は読んどいたほうがいいでしょう。
      このくらいの基礎知識...

      続きを読む

    セーフモード