小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者

山本徳造(著)/松浦麻衣(イラスト)/広瀬浩二郎(監)

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    15歳で点字を発明した天才の生涯。現在、世界中で広く使われている点字は、今から約190年前にフランスで発明されました。発明者はなんと当時15歳の全盲の少年。その名はルイ・ブライユといいます。彼は5歳の時に全盲となるも、当時としては珍しく盲学校で教育を受けます。在学中に点字を発明し、その後もより使いやすいものにするために改良を続けて、世界中の目の見えない人々に希望の光を与えたのです。しかし、ルイ・ブライユの発明は当初から周囲に受け入れられたものではなく、正式に彼の点字が認められたのは、彼が亡くなった後のことでした。現在はフランスの偉人たちが眠るパンテオンに埋葬されるなど、世界中の人からその功績がたたえられているブライユ。彼の生涯を、わかりやすくお届けします。※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード