彼女は鏡の中を覗きこむ

小林エリカ

1,287円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    いつか必ず死にゆく人間の儚さと確かさを描く小説集。祖母が遺した宝石を身に着けると、孫娘は、祖母の過去の体験を夢に見る――「宝石」。資源が枯渇して紙の本がなくなった未来とは?――「燃える本の話」。原子力の歴史と、ひとりの女性の個人史が交わる「日出ずる」。時空を越えて娘の体験と母の記憶が重なりあう「シー」。類まれな想像力と遙かな時間軸で描かれる全4編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード