それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの? - 一生健康で病気にならない簡単習慣 -

飯沼一茂

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    さて、問題です。 Q お風呂に入るとき――・35℃のお湯に20分つかる ・40℃のお湯に10分つかる どちらが免疫力アップに良いと思いますか? 正解は――― A 「40℃のお湯に10分つかる」です。 40℃のお湯に10分間つかると体温が約1℃上がります。体温が1℃上がるだけで、私たちの免疫はなんと5~6倍もアップさせることが可能なのです。 そればかりか、がん細胞は39.6℃付近でほとんどが死滅することに。 昨今のがん治療に温熱療法が導入されるようになったのはこうした効果が期待できるからといわれています。では、反対に体温が1℃下がるとどうなるのでしょう? 免疫力は30~40 %も低下します。恐ろしいことに35℃程度の低温状態がもっとも、がん細胞が増殖することになるのです。 本書では、最新の免疫研究に基づいたさまざまな「どっち?」を紹介します。 免疫力を高めるために、少しのコツで健康寿命を大幅に伸ばすことができる“習慣”をクイズ形式でわかりやすくご紹介していきたいと思います。 すべての習慣を実行すれば、健康寿命を20年延ばすことも夢ではありません。 みなさんの健康生活において、本書を大いに役立てていただければ幸いです。                                        ――著者より。【著者情報】飯沼一茂 (いいぬま かずしげ)医学博士。純真学園大学 客員教授。日本免疫予防医学普及協会代表。1948年生まれ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード