スーツの玩具【新装改稿版】

白城るた

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    父親の違う兄弟。亜郷と真生。真生は亜郷に心を寄せていたが、亜郷は自分を捨てた母親への憎しみから真生に辛くあたってきた。乗り越えられない感情の壁。真生は愛と罪悪感から兄に従順に仕え続けていた。(僕が好きなのは――愛しているのは兄さんだけ)身をよじる真生。そんな風に教え込んだのは兄だった。「欲しい」という声すら漏らさずに涙を零すかわいい弟に。しかし真生に「好きだ」と告げて近づく青年がいた。青年、司の愛は激しく、真生は兄と司の間で心を揺らす。そんな時、兄の結婚話がもちあがる。そして司との関係を知られ兄は激しく真生を責める。「僕は兄さんだけが……兄さんだけが好きなのに」「私はお前が憎いよ……」ハードな描写と切ない純愛。亜郷と真生と司、三人の愛は螺旋を描き、どこに到達するのだろうか? ここでしか読めない書き下ろしエピソード2本つき新装改稿版です。 ※本作は「スーツの玩具」の改稿後の再録となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード